• HeartCorelogo
  • ハートコア株式会社
  • 販売パートナー
  • EN

AMP対応

AMP対応とは?

AMP対応の最大のメリットは、モバイルページの高速表示です。ただ、複雑なコード設定の必要があるAMP対応。具体的には、AMP用HTMLファイルが必要、AMPに必要なタグや機能をルールに乗っ取った記述が必要等。HeartCoreではAMPのお作法を知らなくても、指定ページをAMP対応したHTMLコードに変換する機能を提供します。
AMP対応しているモバイルページはサイト速度向上により、検索結果の順位上昇に期待ができます。そのため、AMP変換機能はモバイルページ表示速度が爆速化するだけでなく、SEO対策にも強い力となります。

AMPアイコン

AMP対応機能

ウェブサイトコンテンツのすべて、もしくは選択した一部のコンテンツに対して、AMP対応コンテンツへの変換と、コンテンツ単位でのAMP検証が可能となりました。Googleが推進する、モバイルページの高速表示手法であるAMP対応を支援する機能として、標準で用意されています。

デフォルトのAMPグループ・タイプ設定

AMP を有効化するコンテンツグループ、コンテンツタイプ、商品グループ、商品タイプを選択します。指定したウェブサイトコンテンツへ対応するAMPページを指し示すlink rel="amphtml"要素が自動で追加されます。

AMPを有効化するコンテンツグループ、コンテンツタイプ、商品グループ、商品タイプを選択します。「-すべて-」もしくは特定のグループ/タイプを選択します。

AMP検証

コンテンツ編集ページの「AMP検証」機能により、AMPプロジェクトの公式バリデーションサービス(英語)を使ってコンテンツをAMP化した状態で検証する事が行えます。

「AMP検証」機能

AMP Webサイトドメイン名・プリフィックス

AMP Webサイトドメイン名もしくはプリフィックスに合致する全てのリクエストに対し、自動的にAMPフォーマットを出力するための設定ができます。
設定した内容とリクエストが一致する場合、AMPに必要な追加や変更を全て自動で行います。

自動でAMP化

AMP URL パラメータ名

GoogleクローラーにAMP対応ページが存在する事を伝える、link rel=“amphtml”要素のURLパラメータ”AMP=1”(デフォルト)を任意のURLパラメータ名に設定する事も可能です。
AMP化を行うパラメータを変更したい場合、お好きなパラメータ名で設定しご利用頂けます。

自動でAMP化