• HeartCorelogo
  • ハートコア株式会社
  • 販売パートナー
  • EN

ウェブサイト構築

生産性を大幅に高めるHeartCoreの独自関数。情報を自由にデザイン

HeartCoreでは、@(アットマーク)関数と呼ばれる独自関数を用意しています。この関数を使用することで、CGIやJava等でプログラミングを行う必要がなくなり、呼び出したい情報を呼び出したい条件で、どこにでも簡単に挿入・表示することが可能となります。通常のプログラミングと異なり、複雑な知識やコーディングの時間を必要としないため、HeartCoreをある程度知って頂ければどなたでも使用いただける機能です。

ニュース記事の自動リスト化

広報部などがニュース記事を追加すると、そこから自動的に日付と件名だけを取得してトップページのニュース欄に表示し、件名をクリックすると記事詳細へ遷移する、といった反映作業を自動化できます。

ニュース記事の自動リスト化

掲載件数や順序、さらに掲載する期間や条件も指定が可能です。構築時に関数を記述しておくだけで、後は現場の担当者は細かいことを気にせず記事を追加するだけで済みます。

データベースから情報を取得

お客様や訪問者からのお申し込みやお問合せ内容をポスト時にデータベースに格納し、入力された情報を自動受付メールや社内通知メールに含めることができます。

自由なコンテンツ管理

お客様が選択した内容によってメールに含ませる情報を変更するよう、条件指定を行うことも可能です。もちろん、メールの送信先や送信元、テキスト/HTMLも指定できます。

@関数の種類は800種類以上。情報設計に必要な機能をすべて網羅

@関数は800種類以上用意されており、コンテンツや商品の情報、データベースのデータ、ユーザーの属性値をはじめ、セッションやクッキー、ブラウザといった情報も自在に操ることができます。この@関数を使ったウェブサイト構築をご経験された皆さまには、その有用性を高く評価していただいております。また、ウェブの進化に合わせて常に新しい関数を追加しています。

ハートコア社では、この@関数を使ったサイト構築の一端を実際にご体感いただきたく、ハンズオンの「HeartCore体験セミナー」を開催しております。お気軽にご参加ください。

現在受付中の体験セミナーはありません。

導入までの流れ

HeartCore 導入までの流れ

HeartCoreをご選定いただいたお客様がスムーズにサイトを移行できるよう以下の流れで導入を行います。サイトの規模等によって期間が異なりますので、導入の際はハートコア社担当営業又はパートナー様にご相談ください。

パートナー様一覧はこちら

導入までの流れイメージ

導入支援サービスはこちら