• HeartCorelogo
  • ハートコア株式会社
  • 販売パートナー
  • EN

スニペット対応

スニペット対応とは?

Google検索でサイト名の下に表示される概要、これをスニペットと言い、ホームページの情報の一部を切り取り、適切と判断したものを検索結果として表示します。拡張し、リッチスニペット(画像、評価等)と強調スニペット(質問に対する回答)と呼ばれるものがあります。特に強調スニペットは検索順に関係なく、上位表示しますのでSEO対策としては強力です。
HeartCore管理画面から、スニペット毎にどの部分を表示するかの設定を行い、簡単にSEO対策を行うことができる機能を提供します。

スニペットアイコン

スニペット作成機能

構造化マークアップ規格(schema.org)に対応したデータ作成を支援する機能があり、コンテンツ編集ページのメタ情報として作成できます。
Googleがサポートしているコンテンツタイプ(ページの種類)に対応した構造化マークアップを行うことで、SEO対策に効果的なコードスニペットの作成を実現します。

コンテンツタイプの選択

作成したいコードスニペットに合わせたコンテンツタイプ(ページの種類)を選択することで、構造化マークアップに必要なプロパティを設定するための入力フィールドが切り替わって表示されます。

ページの種類を選択する事で構造化マークアップが設定できます。

構造化データ検証

「検証」ボタンで開かれる「Google 構造化データテストツール」へ、生成された JSON-LD形式コードをコピー&ペーストしテストを実行することで、正しくコードが記述できているか、どの項目が設定されているかを確認できます。

構造化データ検証

生成されたJSON-LD形式コードは、以下のように ~ 内に自動で挿入されます。

JSON-LD形式コード